ホンダのフリードは運転しやすい?女性や老人には難しいか検証してみた

ホンダのフリードは、小回りも効くミニバンで、狭い路地での運転もしやすい設計になっています。

「ちょうどよい」をコンセプトにして作られているフリードは、コンパクトでもたっぷり乗れる、荷物も積みこむことができます。 運転を安全に楽しめるための自動ブレーキも搭載されているフリード。

性別や年齢問わずに運転しやすい設計となっているポイントを紹介していきます。

安全装置のホンダ・センシング

ホンダが紹介している多彩な機能がついた安全装置、ホンダ・センシング。

ドライブを安全に、快適にしてくれるためのサポートもしてくれる装置について紹介します。

2種類のセンサーを利用したシステム

ホンダ・センシングとは、対象物の現在の位置や速度を認識するミリ波レーダーと、大正物の大きさや形を認識する単眼カメラ。

この2種類のセンサーを組み合わせたシステムになっています。

フリードのミリ波レーダー

ミリ波レーダーは、走行中でも対象物体の場所やその速度を検知して、車の衝突を防ぐことができます。

検知しにくい歩行者にも反応するレーダーなので、車の前に歩行者が出てきた時も感知することができて安心です。

フリードの単眼カメラ

単眼カメラは、車の前方約60mにある歩行者や対象物の大きさや形を識別することができます。場所を把握しても、その大きさが分からないと、ぶつからないように走るのはできません。ミリ波レーダーを補助する役目でも活躍してくれます。 高速道路での検知もできるようになっているので、衝突事故が多い対向車にも対応できます。

フリードは自動でブレーキをかけてくれる

日頃のドライブ中でも、突然の急ブレーキをすることがあると思います。

例えば、前を走っていた車が急ブレーキをした事がある。

横断歩道のない場所で歩行者が前に出てきた事がある。

そうした時、咄嗟に反応できて急ブレーキを踏むことができれば、事故にならないで済みます。ですが、咄嗟にはなかなか反応できず、前の車と衝突したり、歩行者を避けるためにハンドルをきってしまうことも。

そういった事故を未然に防ぐために、ホンダ・センシングには自動ブレーキが搭載されています。

未然に事故を防ぐ2段階のブレーキ

ミリ波レーダーと単眼カメラによって前の車や歩行者を検知して、衝突する可能性を察知した瞬間にブレーキを行います。

最初のブレーキ

最初に強いブレーキをするのではなく、前の車や歩行者を検知して衝突の可能性があるとみなした場合は、音とメーター内の表示で警告をしてくれます。

2段階目

次の段階では軽めのブレーキングを行いますが、これは前に車がいる時にだけ作動するようになっています。 更に前の車や歩行者に接近した時には、強めのブレーキングで車を停止させます。

天候にも左右されない

衝突事故は、どうしてもドライバーの回避操作が雑になってしまったり、操作ができないこともあります。雨の日や霧が出ている場所でも問題なく作動してくれるので、事故防止や被害の軽減に役立ちます。 この自動ブレーキは誤発進の時にも役立ってくれます。

老人の誤発進も防いでくれる

渋滞や信号待ちの時、前に車がいると、誤ってアクセルペダルを踏んで急加速をしてしまうことがあります。

そんな時、障害物を検知することで加速を抑制して、事故を防ぎます。 誤発進の時の自動ブレーキは、前方だけに限られたものではありません。後方への誤発進にも、ホンダ・センシングは対応しています。

障害物センサー

真後ろにある障害物をセンサーが感知してくれるので、近距離にあるものをドライバーに知らせるために音を鳴らし、発進の抑制もサポートしてくれます。

車線をはみ出した時、フリードは警告してくれる

車線を外れそうになった時、歩道を歩いている歩行者と衝突するかもしれません。そんな時にも音やメーター内での表示を使って警告をしてくれるようになっています。

ステアリング操作の支援

車道方向に戻れるように、ステアリング操作の支援もしてくれるので、ドライバーが歩行者を回避できるサポートをしてくれます。

車線をはみ出さないように、単眼カメラで車線を検知することができるので、車線内に車が戻るように操作の支援をしてくれます。

大きく道路をそれてしまいそうになった時にも、ステアリング操作以外にも自動ブレーキを作動させて減速し、車線内へ戻るようにサポートしてくれます。

急カーブも安心

急カーブの時、どうしても車が外側へと出てしまうことも。車線をはみ出しそうになった時同様にステアリング操作が作動して、ドライブの支援を行ってくれます。

二車線で走っている時にも、逆走にならないよう線と線の間を通るようになっています。 車線の中央を走るように維持してくれるので、誤って逆走するのを防ぎ、道路を外れないように調整してくれます。

高速道路の長距離運転も安心

高速道路での運転は、長距離を走ることがほとんどです。

長距離の運転は、ドライバーの負担が大きくなります。前の車に衝突しないためにも、距離を空けて走るのは大切です。

渋滞にあたってしまった時は、何度も停止と発進を繰り返していると、ドライバーの集中力が途切れたり、疲労が一気にたまってしまいます。

距離を保ちながら走れる

ホンダ・センシングの中には、距離を一定にして保ちながら走っていくシステム、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)も搭載されいます。

人の感覚では、適切な距離を保ちながら走ると、どうしても集中力を使ってしまいます。

ACCはドライバーの負担や疲労を少しでも軽減するための補助役となってくれます。前に車が割り込んで来たときにも、自動的に割り込んだ車を追従走行するようになっています。

フリードは会話で集中力が下がっていても大丈夫

人と話していると、注意力が鈍ってしまうこともありますよね。

普通にドライブをしている時も、走っている最中に流れて行く標識を全て覚えておくのは難しいことも。ドライバーの意識が別のものにむいていたりすると、標識を見落とす可能性があります。 そういった時に、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)システムは働いてくれます。

標識をすかさずチェック

標識の手前で、認識しておかなければいけない標識をお知らせしてくれます。

メーター内に標識のマークを表示してくれるので、今走っている道路での制限速度などを提示してくれます。

アクセルの踏んでいる状況もフリードが認識

他にも、前の車が発進したことに気づかず、その場で停車したままになってしまうことも。

ドライバーがアクセルを踏んでいないことを検知して、音で前の車が発進したことを知らせてくれます。

メーター内にも表示が出るので、ドライバーがすぐに気づいて発進できるようになっています。

フリードならハイビームとロービームの切り替えも

夜のドライブ中は、街灯が少ない場所を走ることも。

通常よりも暗い場所ではハイビームに、対向車や前法に車を検知した時には、ロービームへ自動的に切り替えてくれます。

暗い場所でより明るく見えるハイビームは、対向車からすると眩しすぎる光となってハンドル操作を誤ってしまう原因にもなってしまいます。

センサーで状況を知らせてくれる

曲がり角など、対向車を発見するのに遅れるような場所だと、ハイビームにしたままになってしまうことも。

センサーで対向車が来ていることを知らせてくれるホンダ・センシングなら、ライトが切り替わる事で対向車へ負荷をかけることもなく、ドライバーが対向車の存在を把握することもできます。

幅広い年齢層に向けた車

安全機能を搭載したフリードは、老人や女性など、幅広い層に運転しやすい車です。

Uターンするための小回りも効くので、道路が狭くても使い勝手がいいですよ。

まとめ

運転をしていると、ドライバーの疲労感がたまり、集中力もなくなっていきます。

ドライブへの集中力が落ちてしまうと、事故へ繋がる可能性も高くなります。

ドライバーの負担をできるだけ軽減することができるホンダ・センシング。事故を回避するためのサポーターともなってくれます。